病院・診療

診察内容/予防

  • 外来・往診
  • 予防
  • 検査

狂犬病ワクチン

 年に一度のワクチン接種によって、致命的な伝染病を予防することができます。命にかかわる伝染病から、わんちゃんネコちゃんを守りましょう。また、ワクチンアレルギーをおこす事がありますので、接種から2時間程は様子を観察し、3日間はシャンプー、トリミング、ドッグラン等、興奮したり緊張したりする状況をなるべく控えてください。下痢や嘔吐、顔が浮腫んで腫れたりした場合は再来院してアレルギーを抑える処置をさせていただきます。

<狂犬病ワクチン>
 狂犬病の脅威が迫りつつあります。近隣諸国では、毎年多くの人が狂犬病にかかった動物に噛まれて亡くなっています。実に発症すると致死率100%と恐ろしい病気です。日本でも密輸動物や貨物にまぎれたこうもり等により、狂犬病の発生・流行が起こらないとも限りません。法律によりわんちゃんには狂犬病ワクチンの接種が義務付けられています。年に1回必ずワクチンを接種しましょう。

混合ワクチンの種類<

 伝染病への適切な予防対策が重要です。国内ではジステンパー、犬伝染性肝炎、パルボウイルス感染症、ケンネルコフ、コロナウイルス性腸炎、レプトスピラ感染症など、様々な伝染病がいまだに発生しています。これらの伝染病は発症してしまうと命に関わることも少なくありません。混合ワクチンによる予防をおすすめいたします。

犬ジステンパー

 発熱、下痢、神経症状などが起こり、全身がおかされ、治ってもいろいろな後遺症に悩まされる病気で、死亡率も高いです。

犬アデノウイルスⅡ型感染症

 アデノウイルスによる感染症で、肺炎や扁桃炎など呼吸器症状を起こす病気です。

犬パラインフルエンザウイルス感染症

 パラインフルエンザウイルスによる呼吸器疾患を呈する病気で、咳や鼻炎、扁桃炎を起こします。 アデノウイルスや細菌と一緒にケンネルコフという犬の風邪症候群を引き起こします。

犬伝染性肝炎

 アデノウイルスによる感染症で、肝炎を主とし嘔吐や下痢、食欲不振など消化器症状を起こし、目が白く濁ることもあります。 子犬では突然死することのある怖い病気です。

犬パルボウイルス感染症

 血液の混じったひどい下痢や嘔吐を起こす腸炎型がよく知られていますが、子犬に突然死をもたらす心筋型もあります。 伝染性が強く、死亡率も非常に高い怖い病気です。

犬コロナウイルス感染症

 腸炎を引き起こす感染症です。下痢や嘔吐といった症状が出ます。 パルボウイルスと複合感染すると、症状はいっそう重くなります。 コロナウイルス感染症とパルボウイルス感染症と一緒に予防することが大変重要です。

レプトスピラ症

 細菌によって、肝臓や腎臓がおかされる、人と動物の共通感染症です。 代表的なものには、歯茎の出血や黄疸が見られる黄疸出血型と、高熱、嘔吐、下痢などを起こすカニコーラ型の2種類ですが、このほかにも、いろいろな血清型があるので注意が必要です。 アウトドアで活動するわんちゃんほど感染しやすいので、予防が大切です。

ネコちゃんの混合ワクチン

猫カリシウイルス感染症候群

 かかりはじめはくしゃみ、鼻水、発熱など、猫ウイルス性鼻気管炎とよく似た症状を呈します。 症状が進むと舌や口の周囲に潰瘍ができることもあります。また、時には急性の肺炎を起こして死亡することもあります。

猫伝染性鼻気管炎

 ヘルペスウイルスによる感染症で、ひどいくしゃみ、咳、鼻炎など呼吸器症状のほか、結膜炎を引き起こします。 高熱で食欲がなくなり、鼻水と涙で顔中くしゃくしゃ、典型的な風邪の症状が見られます。

猫汎白血球減少症

 白血球が極端に少なくなる病気で、パルボウイルスが病原体です。 高熱、嘔吐、食欲がなくなり、下痢が始まると脱水症状となります。 体力のない子猫などは、たった1日で死ぬこともある怖い病気です。

猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)

 この感染症は、長い時間をかけて病気に対する抵抗力が失われてしまい、進行すると死に至る怖い病気です。猫エイズのウイルスに感染した ネコちゃんとのけんかなどの際に感染することが多く、一度感染すると体内から猫エイズのウイルスを完全に排除できないのが現状です。猫エイズは人には感染しません。 症状としては、初期に発熱や下痢が見られますが、多くの場合はすぐに症状は消え、外見上、回復したように見えます。潜伏期間が数年間も続き、この間もゆっくりと病気が進行し、他のネコちゃんへの感染源となります。その後、免疫機能が低下し、慢性で治りにくい口内炎や鼻炎、頑固な下痢などが見られ、さらに進行すると、著しい体重減少、貧血や悪性腫瘍の発生 が見られます。また、健康では感染しないような病原体にも、ひどい症状が出ることがあります。

猫クラミジア感染症

 クラミドフィラ・フェリスという病原体による感染症で、眼や鼻から侵入するため、結膜炎、鼻炎、くしゃみ、咳が見られます。 肺炎を起こすこともあります。 人にも感染し、結膜炎が起きた例も報告されています。

猫白血病ウイルス感染症

 主な感染経路は、感染猫の唾液、涙、尿、便、血液、乳汁に含まれるウイルスによります。ケンカなど咬み傷、グルーミングや食器共有、感染した母猫などからの感染が多いです。持続感染となるとウイルスが排除されることはありません。また発症すると六割近くが3年以内に死亡します。白血病やリンパ腫などの血液のがん、貧血、流産などを起こします。病気に対する免疫力が弱まるため、いろいろな病気も合併しやすくなります。 感染してから発病までの期間は大変長く、その間は見かけ上健康に見えますが、猫エイズと同様にウイルスを排泄し、感染源となります。

フィラリア予防

 蚊が媒介する寄生虫で、一般的な内部寄生虫では、消化管などに寄生するのに対して、フィラリア症は心臓や肺動脈に寄生します。感染すると心臓の動きを妨げ、心臓病のような症状を出します。突然、亡くなることもある怖い病気です。
 新潟では、蚊の発生が4月から10月まであることが研究からわかっており、蚊の発生時期から1か月遅れてフィラリア症候群の予防期間は5月から11月までとなります。詳しくはHDUという概念をご覧下さい。

 フィラリアはわんちゃんだけでなく、ヒトやネコちゃんにも感染することが稀にあります。近年、ネコちゃん用に安全な予防薬もできました。この予防薬はフィラリア以外にノミ・耳ダニさらに回虫にも予防効果を発揮します。
 フィラリア予防を行う際には、まずフィラリアの成虫寄生の有無を検査します。これは、すでにフィラリアに感染しているわんちゃんネコちゃんに予防薬を投与すると、激しいアレルギー反応を起こすことがあり、命にかかわる可能性があるからです。もし、万が一フィラリア症にかかっていたら、成虫の駆除薬による治療や緊急を要する場合は外科による摘出手術を行う等、必要な処置を必要になります。

ノミ/マダニの予防

外部寄生虫(ノミ・マダニ)

 外部寄生虫であるノミ・マダニはさまざまな寄生虫を媒介するほか、それ自身の咬傷でアレルギーを起こしたり、貧血を起こさせたりすることがあります。 予防方法としては、月に一回投与するスポットオンタイプのお薬をおすすめします。メリアルクラブではノミ・マダニだけでなくフィラリアなどについても記載があるので一緒にご覧下さい。

内部寄生虫(回虫など)

 サナダ虫や回虫など胃腸などの消化器に寄生し、下痢や嘔吐などの症状を示します。検便で虫卵などを見つけ出し、駆虫剤で虫下しします。 予防法としても、駆虫薬を定期的に服用させ、再感染などを防ぎます。また、フィラリア症の予防薬の中には、回虫などを同時に駆除できるものもありますので、ご相談ください。

定期健康診断

 わんちゃんネコちゃんは一般にヒトに換算すると1年間で4~7歳位年をとると言われています。つまり、わんちゃんネコちゃんにとっては、1年に1回の健康診断しても数年に1回の検査と同じと考えられます。特に中・高年期以上では、年1回の健康診断ですら決して十分とはいえません。当院では、7歳以上のシニア期になれば年に数回の健康診断をオススメします。

幼年期から定期的な健康チェックを行ってください!

 わんちゃんネコちゃんの生まれつきの体質や成長に伴う体調の変化を把握しやすく、迅速かつ適切な治療を行うことが可能になります。定期的な健康診断を通じて体調管理や各検査項目の結果を飼い主様と病院とが共有していれば、ちょっとした変化にも早く気付くことができ、病気の早期発見、早期治療に結びつきます。

具体的な検診時期と内容

<成長期(~1歳の猫・中型犬、~2歳の大型犬)> ※検査時期は病院と相談
 成長期には骨や歯などが正常に発育しているかチェックが必要です。また検便など消化器の状態を確認しておきましょう。

<青年期~成人期(2~5歳位)> ※年1~2回の検査
 若くて元気な時の一般血液検査の正常値を知っておくことが今後の役に立ちます。

<中・高年期(5~7歳位)> ※年2回程度の検査
 関節疾患や心臓病などの成人病に対する検査としてレントゲン検査や超音波検査も有効です。

<高齢期(8歳~)> ※年2回以上の検査
 ホルモンの以上など、それぞれの体調や状態によって、特に必要な個々の検査を病院と相談しましょう。

健康診断の内容

<通常時の健康診断>
 カウンセリング(問診)、聴診や触診による身体検査、一般血液検査、尿検査、糞便検査、ウイルス検査(ネコちゃん)

<精密検査を要する健康診断> ・・・ 特に高齢になったら受診をおすすめします
 上記項目に加え、以下の検査を行います。
 心電図検査、レントゲン検査、超音波(エコー)検査、体の各部位の詳しい検査(皮膚検査・歯科検査・眼科検査など)それぞれの専門的血液検査

わんニャンドックのご案内

コース内容や価格を現在検討中です。決定しだい、院内及びホームページ上に掲載告知いたします。しばらくお待ちください。

予防歯科

口臭が強かったり、口腔内や口の周りが汚かったりしていませんか?
 近年、食生活の変化などによって歯周病が増えています。歯周病があると、口臭がひどいだけでなく、内科的なトラブルにも発展しかねません。また、ヒトとは歯やあごの構造がそれぞれ異なり、骨や歯がかなり薄いので、たかが歯の治療と思っていても、場合によっては顎の骨を削るなんて事になることもあります。
 当院では歯周病の予防に重点をおいた診療や、しつけ&歯磨き教室などを行い、重篤な歯周疾患などにならない状態を保てるようフォローしています。
 予防歯科や歯磨き教室に関して、詳しくは、当院スタッフにお声掛けください。

歯周病について

 歯に付着した歯垢が歯肉に炎症反応を引き起こすことにより、歯肉炎へと発展します。歯肉炎を放っておくと歯周炎、更には歯槽膿漏へと発展することがあります。 重篤な歯周病の場合、細菌や細菌の出す毒素が血流に乗ることで全身にまわり、内臓や関節など、全身の様々な部分に影響を及ぼす可能性もあります。

軽度歯肉炎 中等度歯肉炎 重度歯肉炎

歯石除去について

 重度または広範囲の歯肉炎、歯周炎が起こっている場合は全身麻酔が必要になります。麻酔をかけることによって、普段ケアできない歯の裏まで処置したり、過剰に炎症を起こした歯肉を摘出除去したりすることが可能になります。
 また、歯石除去前後はホームケアを行い、歯石がたまらないようにすることも重要です。 若い頃から口を開けることに慣れさせておけば、口の中の異常を早期に発見することが可能になります。
 また、歯石や歯周病は、口腔内の慢性的な不快感や感染の源、ひいては全身疾患の原因になります。日常的に、口腔内衛生を保つことで、快適な生活を保つことをお手伝いしたいと思います。

スケーリング前 arr スケーリング後

<歯石除去の流れ>
歯石除去の流れ

ホームケアのポイント

 乳歯の時期から始め、毎日行なうのが理想です。側方から唇をめくって行ったり、向かい合って行なったりして、少しずつ触れることに慣れさせて、徐々に道具を使っていくようステップアップしていきます。普段からホームケアを行い、歯石がたまらないようにすることが重要です。また、歯石が多くたまってしまっている場合は、早めの除去をお勧めします。詳しくは、当院獣医師まで。