手 術

手術手術診療・治療を行っていく上で、病気や症状によって注射や内服薬のみでは治療が困難な場合があります。外科的な治療が必要だと判断した場合、手術・麻酔下処置等をご提案させていただきます。なお、健康状態や手術内容により、当院での手術が難しいと判断した場合には、大学病院や専門病院などをご紹介させていただきます。

痛みケア

当院では、手術時の痛みをできる限り和らげられるよう幾つかの痛みケアを施した上で手術を行っています。 痛みがあっても言葉をしゃべらないうえ、我慢をして行動などにも示さないので、こちら側から積極的な鎮痛管理を行うことにより、ストレスを最小限にしたいと考えています。

マルチモーダル鎮痛

各部位に作用する鎮痛剤を組み合わせて使用します。これをマルチモーダル鎮痛といいます。マルチ モーダル鎮痛を行うことで、痛みをコントロールしやすくなるだけでなく、各薬剤の使用量を抑えるこ とができるので、一つの薬剤を使用するよりも、鎮痛剤の副作用も少なくできるメリットがあります。

先取り鎮痛(先制鎮痛)

手術など、あらかじめ痛みが生じることがわかっている場合、鎮痛剤をあらかじめ投与することで、痛 みによる有害反応を抑えることができます。

炭素ガスレーザー

炭酸ガスレーザーは、水に吸収されやすい性質を持っているレーザーで、 これを照射することによって、水分を多量に含んでいる皮膚組織、 及び周辺部を蒸散させることができます。現在、ヒトの医療では、 欠かせない医療機器となっていますが、 獣医領域でも多くの手術に取り入れられています。
Copyright(c) くまちゃん動物病院 All Rights Reserved.

▲ページトップへ